海と猫。

海とねこが好きなずぼら夫婦と3匹のねこの日常。時々子育て。

出産の話。妻視点。

こんにちは。sea.catです。

このところ主人に更新してもらっていたので今日は妻視点で更新していけたらと思います。

 

また、お祝いのメッセージを下さってありがとうございました。ゆっくりではありましたが皆様からのメッセージはしっかり読ませていただきました。

 

陣痛に気づいたのは午前3時あたり。痛みで目が覚めました。すぐにアプリで陣痛の時間を測り、まさかの10分切っていてすぐに主人に連絡と思いましたが仕事中だったのであと1時間で休憩だし、おしるしも破水もしてないからと主人への連絡は休憩がきてからしました。

 

そこからは主人の更新した通り、病院へ。

一度主人が帰っている間、ベッドの上で寝返りを打つとどうしてもベビーちゃんの心拍が弱まると言われ、助産師さんにもしかしたら首にへその緒が絡まっているせいかもしれない。場合によっては帝王切開の可能性も視野に入れておいてくださいと言われていました。

 

この時主人は隣にいなかったので少し心細かったです。

 

その後全破水。その時経産婦さんの出産中でその方の声に反応してベビーちゃんが頑張って破水した様な気がします(°▽°)

 

そこからがまた長かった。仰向けでも横向きでも痛みが弱くならず、更にベビーちゃんに酸素が足りなくてベビーちゃんは心拍が下がってしまい、まさかの酸素マスクをしての出産に…。

 

子宮口もあと1センチが開かなくてベビーちゃんが下がってきていても力んではダメと言われてしまい、楽な体勢を取っていいから我慢と言われて、自宅でラクだった姿勢が座る事だったのでまさかの分娩台の上で胡座。

そうしたら落ち着いたのか痛みも弱くなり、ベビーちゃんの心拍も回復しました。

 

そのまま子宮口が全開になるまで下に降りてくる痛みと睡眠を繰り返しようやく出産に至りました。

 

主人には眠かっただろうに腰をさすってもらったり励ましの言葉をかけてもらったり、何か出来ることはないかしてほしいことはないか、いつもはタバコを吸うのに陣痛から出産まで始めて吸いに行かずにずっと寄り添ってくれる主人は初めて見ました。

 

 

産まれた後は主人に

よく頑張ったね、お疲れ様、ありがとう。

と言われたこと、頭を撫でてもらったこと、ずっと忘れずにいると思います。

 

その後2時間ほど休んだ後入院するお部屋にいき、主人と今後の予定の確認。その後主人は帰っていきました。

新生児室にいる我が子を見に行き、助産師さんとお話をしてお部屋に戻ろうとしたら目の前が真っ暗に…。

気づいたら倒れていました。

血圧が下がってしまいそれが原因で倒れてしまったみたいです。

お陰でしなくてもいい足の負傷をおこしてしまいました。

 

 

そして現在…。

身体も少しずつですが元に戻りつつ、泣いてしまう我が子をオロオロ迷いながらお世話しております。

初めてのことばかりで慣れるまで時間はかかってしまいますが我が子がすくすく育っていくよう願いつつ、頑張っていこうと思います。