海と猫。

海とねこが好きなずぼら夫婦と3匹のねこの日常。時々子育て。

マルコ。我が家で保護した時のこと。

次女マルコについて買いてみようと思います。

マルコは保護ネコです。最初に見つけたのは主人でした。ゴミ出しをした時に道路のど真ん中にいてそのままでは車に轢かれてしまうと端っこによせて親猫が来るだろうとそのまま仕事に行ったそうです。

 

私はその時仕事中で終わって主人からのメールがあり、ゴミ出しのときに子猫がいた。まだいるかもしれない。

と連絡をみて急いで帰りゴミ捨て場まで行くと…。

 

f:id:sea-cat0718:20190415143814j:image

 

目も開けられず鳴きも出来ず動けもせずただただジッとしている子猫が!

1時間親猫が来ないか少し離れたところから見ていたのですが全く来なくて我が家に連れて帰りました。

とにかく目ヤニがひどく、骨も浮き出ていてどうしよう状態でしたが腹部が汚れていたので洗面所で洗いました。

f:id:sea-cat0718:20190415144322j:image


f:id:sea-cat0718:20190415144318j:image

この時初めて鳴いてくれました。

声が出てる!まだ生きる気力があるはず!

とりあえずゲージに入れて様子見。

 

f:id:sea-cat0718:20190415144708j:image

 

近くにペットショップも病院もないので主人が帰ってくるまで待機。

 

本来は先住ネコのことを考えて別の部屋で隔離がいいのですが玄関開けてすぐアルにお出迎えされその場でご対面になってしまいました。

 

私に向かって威嚇してきましたが子猫を見た瞬間心配そうにウロウロ。威嚇もなくなり子猫が無理矢理ゲージから出ようとするのと必死に外から止めていました。

 

その時のハナは…。

f:id:sea-cat0718:20190415145218j:image

 

驚いている様でしたが見てるだけ。

なんかきたくらいの軽さでした。

 

主人が帰ってきてから病院へ。家でミルクをあげてみたけど飲まなかったのでその事を話し胃に直接カテーテルでミルクを入れてくれました。

先生曰くあと1日発見が遅かったら死んでいたでしょう。

と言われました。

今日はこれでいいけどもし明日もミルクを飲まないならまた連れてきてくださいと言われたので連れ帰り様子見。この時生まれて1ヶ月経ってないと言われました。

 

飲みやすいミルクや哺乳瓶、他にも子猫に必要な物を病院で買い帰宅。

3時間ごとにミルクをあげるよう言われたので

言われた通りに実行しました。

 

哺乳瓶から全く飲まなかったのでオロオロ。

4回目のときに私が痺れを切らして指にミルクをつけて無理矢理口に入れました。

 

すると今まで全く飲まなかったのにしっかり咀嚼。だけど哺乳瓶では飲まない…なので小皿にミルクを入れあげてみるとすごい勢いで飲み始めました。

f:id:sea-cat0718:20190415150215j:image
f:id:sea-cat0718:20190415150219j:image

とにかく飲んでくれたので一安心。

とても小さくハナたちの時はもう普通のエサだったのでどのくらいあげていいものかわからなかったので先生に相談し指示された通りに動きました。

 

それから3日後。

f:id:sea-cat0718:20190415151105j:image
f:id:sea-cat0718:20190415151101j:image
f:id:sea-cat0718:20190415151057j:image

人の上、もしくはアルの後ろにくっついて生活するようになりました。

ゲージに入れても隙間から出ようとし怪我をする可能性があったのでアル、ハナも一生懸命育てようとしてくれる様子だったのでゲージは出したままですが自由にさせました。

トイレはアルがマルコに2日目に教えてくれたのですんなりネコトイレでしてくれていました。この点はすごい楽ちんでしたね。

 

あれから月日が経ち、今では悪いことばかりするマルコですが無事育ってくれて嬉しいsea.catなのでした。

 

f:id:sea-cat0718:20190415151820j:image